「スマートな自分」という虚構と幻想

TCS認定コーチのウスイです。

自分の達成したい目標や、ありたい姿、目的。

それらを実現しようと思ったら、今までの自分ではいられない、というのは論理的な話だ。

そうなると必然、「習慣を変え続けていくこと」が必要になる。

朝活なんかが流行っているけれども、これも結局のところ習慣を変える手段の1つ。

目的に向かわないのであれば、おそらくやっても意味がない。

前提:現状維持メカニズムの存在

僕も現在、習慣を変えようと奮闘している真っ最中なのだが、これがなかなかにして大変な取り組みである。

それもそのはず。

人間には、基本的に「現状維持」をする働きがあるからだ。

このへんは、調べれば話としてはいくらでも出てくるので割愛するが、僕はこの説を支持する者だ。何より実感があるからね。

今の自分は、何らかの習慣を経て出来上がっているわけだから、それを変えるのは大変なことなのだ。

ということを、先日も記事にした。

人は急には変わらない。

スマートなプロセスという幻想

そしてもう一つ。

押さえておきたい視点がある。

習慣を変えるプロセスというのは、基本、人に見せられないくらいにはブサイクだということ。

SNS等で啓発されている「良習慣」の数々。

あれらは、おそらく本当のことだと思うし、本当のことでなければ何なのかという話にはなるが、いずれにせよ、非常にスマートに見える。

少なくとも、その習慣を手に入れている人はなんかスマートだ。

だけども、そのプロセスにおいて、挫折も何度もしたと思うし、三日坊主は何体登場したのだろう。

「もういいや」と半ば自暴自棄になりかけては、「いやダメだ…」と思い直してもう一度立ち上がる。

この姿は、おそらく人には見せられないくらいにはスマートとはほど遠いだろう。

人間特有の甘え

そして、人間、欲深いもので、悪い習慣はすぐに断ちたいし、良習慣はすぐにゲットしたい。

・すぐに
・誰でも
・簡単に

こんな単語が並ぶ本屋に行けば一発で分かる。

人は、良い結果を、短期間で、簡単に、辛くなく、楽に得たい。

これが本音だ。

そして、そうやって結果を得た自分は非常にスマートだと、そう思いたがっている。

そう、僕のことだ。

だけれども、そんな本に書いてあることも、結局「だけ」じゃないし、その「だけ」が難しかったり続かなかったりする。

そして、また別の手段を求め、「自分探し」と称して旅立つ。

何度でも立ち上がるしかない

そういうことを繰り返す人もいるだろうし、どこかで思い直して愚直にやり続ける人もいる。

結局のところ、差はそれだけのことなのだ。

1つの手段でもなんでもいい。

それを、ブサイクになりながらやり切ったかどうか。

そこに尽きる。

習慣を創るのは簡単なことじゃないんだ、と言いたいのではない。

だからこそ、ブサイクなプロセスを恐れずに、七転八倒していけばいいということ。

そのプロセスの中で、

いきなり変わることは無理だが、少しずつ長く続けていけばいけることが体感的にわかったり、かつてビリージョエルが言ったという、「小さく行動しろ」の意味をつかめたりするのだ。

ブサイクを恐れるな。

そんな君は美しい。

コーチングを学んでみたい人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【超傾聴】話してたら引き出されているコーチ。あなたの信念大事に。 君が君であるために大事な視点を配信。人生のハンドルを自分で握りたい、握ってほしい。脱助手席思考。|TCS認定コーチ・コーチ活動歴8年|筋トレとサッカー、軽井沢が好きすぎる。2児の父。