成長テーマは「人のにおい」を感じさせること

人間関係が希薄なわけでもないのですが、かといって濃いわけでもない。

良い悪いはないと思いますが、少なくとも僕の人間関係はこんな感じ。

そんな中、今日のTCSプロフェッショナルコーチトレーニングでもらったフィードバックは、「人のにおいがしない」でした。

思えば昔から自分のことを話すのはどちらかと言えば苦手でした。なんでもないようなことは話してましたけど。

例えば妻との話

妻とは前職で出会ったのですが、そのときも、職場の誰にも話しませんでした。
もちろん、妻と話し合った上で。

結果、2年間誰にも察知すらされることなくひた隠し、突然、フリーだったはずの人間が結婚を報告して驚かれました。

これは数あるエピソードのほんの1つに過ぎませんが、基本、自分のことはあまり話さず、比較的秘密裏に色々動くタイプでした。

目標なんて特別な場合を除いては人に話したことはありません。

お世辞にも口が達者なわけではないので、「なんかここにいるけれど、目立って何かするわけではない」感じだったかなと。

何かと秘密裏にやってたので、要所要所で陰ながら支えている自負はもってましたけどね。特に学生時代は。

今でこそ何人かいますが、13年ほど前までは本当に自分のことを話せる人はまわりにはおらず、唯一、初めて話せたのが今の妻だったりはします。

見せなきゃ誰も気づかない

基本がそんな感じなので、「人のにおいがしない」なのかなと。

リアルで付き合いがある方には、比較的人間くささみたいなものは観られている気こそしますが、あまりネットの場では自分が何やっているのかも含めてあんまり見せてないですしね。

見せなきゃそりゃ気づかれないしにおいなんてしないに決まってます。

いずれにしても、今後自分がもっと成長していこうと思ったら、(依存関係とかでは決してなく)人との関わりを持つことは大きなテーマです。

なんで私はそうなのか。

その考察は色々と自分の中で思っていることもありますが、自分のことは自分ではなかなかわかるものでもないです。

そうなったら、人からフィードバックをいただく他ないので、やっぱり人間関係のあり方を見直すことは一大テーマになる。

具体的にどうしていくのかはまだこれからなのですが、小さい具体的なことを毎日コツコツやることから始めてみるつもりです。

2022年からと言わず今日から。

小さくチャレンジを繰り返す

そんなわけで、ここまでの内容をひとまず、このことをFacebookに投稿してみました。

このレベルでも私にとっては結構な自己開示だったりします。

あとは、SNS上でも人に絡んでみたり、自分が勉強会や他のイベント企画をしてみたり、インスタLIVEをしてみたり、誰かとラジオやってみたりとかはあるのかなと思っています。

やってくれるかは別の話ですけど、こっちからの働きかけまではできるはずですしね。

ある意味、自分自身を変えていくこと、今までの自分から成長することを選ぶことになります。

これまでも選んできたつもりですが、小さくまとまってしまっていたかもしれません。

僕にとって、人のにおいを出すとは、かなり大きなチャレンジなんです。

今まで、本当にあまりやってきてなかったことですから。

ただ、やっぱり自分自身の成長に真摯に向き合って、取り組める自分でありたい。

そう思ったら、そのあり方を貫くために、今までやりたくないと思っていたことでもある意味ではリスクも背負いながらチャレンジするしかありません。

自分自身を変えるとは、今までの延長ではないってことですし、そのための嫌なことならむしろ選んだほうがいいからです。

自分を変えていくには

そもそも、僕がコーチングを学び始めたのは自分を変えたかったからです。

抽象的すぎますが、本当に変わりたかった。

特にコミュニケーションのやるせなさはめちゃくちゃ辛かったので。

そこからスタートしてコツコツとやってきて今がありますが、僕自身はもっと自分に期待をしているのです。

今はできていなくても、もっとできるはず。だったらやるしかないわけなので、チャレンジを選べと。

2022年も、さらなる飛躍の年にするために今から自分に任せていきます。

コーチングを学んでみたい人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

TCS認定コーチ | 半径10mの人間関係を良くしてご機嫌な毎日を送るコーチング|人生の目標も悩みもコーチングの力が役立ちます| 人間関係と父親コーチ視点で子育ての発信をしていきます。|軽井沢とスポーツをこよなく愛している2児の父です。